インターネットの料金

インターネットの料金

インターネットの料金は、各社様々です。
安いところもあれば高いところもあり、どこにすればよいのか迷う方も多いのではないでしょうか?。

インターネットの会社を選ぶ際、色々と選択基準があるとは思いますが、皆さんやはり一番気になるのは料金です。
そこで、人気のインターネット回線の毎月の料金を、分かりやすく比較してみました。

これからインターネットの導入をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。
中には高額のキャッシュバックがもらえる会社もあるので、要チェックです。

人気のインターネット回線

auひかりの特徴
最大92,500円のキャッシュバックあり!

  • auスマホとのセット利用でauスマートバリュー割を受けられ、最大2千円の割引!
  • プロバイダ料込みなのでかなりお得に使えます(au one netの場合)。
  • 初期工事費の相当額を割引なので、実質工事費無料
価格
4,180円〜
評価
評価5
備考
一戸建ての場合は、5,610円〜

ソフトバンク光の特徴
おなじみソフトバンクの光回線です。

  • 最大10万円のキャッシュバックあり!
  • フレッツ光を現在利用されている場合、立会いの工事がいらないので簡単に乗り換えが可能!
  • 料金自体も安く、初めての方にもおすすめです。
価格
4,180円〜
評価
評価5
備考
一戸建ての場合は5,720円〜

ビッグローブ光の特徴
ご存知NTTのフレッツ光の光回線を利用したサービスです。
そのため非常に安定しており、高速回線をストレスなく利用できます。

auスマホの利用で大幅な値引きが受けられる「auスマートバリュー」が適用可能で、auユーザーはかなりお得です。
また、最大で22,000円のキャッシュバックもあるので、要チェックです!
価格
4,380円〜
評価
評価5
備考
一戸建ての場合は5,478円〜


人気の高速モバイル回線

BroadWiMAXの特徴
BroadWiMAXは、月額料金業界最安値です。

  • 下りの速度も最大2.7Gbpsなので、ストレスフリーでどこでもインターネットが楽しめます。
  • 自宅でも出先でも、スマホやタブレット、パソコンを快適に利用できます。
価格
月額2,090
評価
評価5
備考
端末は0円

地球WiFiの特徴
海外でも使える話題の便利なモバイル回線です。

  • ・世界135の国や地域で使用可能
  • ・3台キャリア回線だから繋がる
  • ・大容量毎日3GBも使える!
価格
月額3,278
評価
評価5
備考
端末は0円

ソフトバンクAirの特徴
  • 最大30,000円のキャッシュバックあり!
  • ソフトバンク系やワイモバイルとのセット利用で「おうち割」のセット割を受けられます。
  • 工事不要で置くだけですぐつながる、Wi-Fi搭載で使い放題の高速インターネットサービスです。
価格
月額3,800円
評価
評価5
備考
端末は0円

インターネットの速度について

インターネットの回線業者のホームページなどで、よく「最大1Gbps」などと書かれています。
あれって、よく分からないままに見ている方も多いと思います。

「まー早いんだろうし、早いに越したことはないよね?」
こんな感じの方がほとんどではないでしょうか?

結論から言うと、回線速度は速いに越したことはありません。
特に最近では、4Kなどの高画質の動画を見ることも多く、回線速度がある程度の速さでないとストレスなく見ることができません。

とはいえ、固定回線の場合、以前のような極端に遅い回線はなくなったので、そこまで気にする必要はないのかもしれません。
スマホの回線でさえ、ある程度スムーズに見れますからね。

それに、1Gbpsといっても実際にそんなに早くはありません。
あくまで最大値であり、実際の速度は10分の一程度の家も多々あります。

実際わが家もそうで、計測してみると最大で200Mbps程度しかありません。

この数値は調べる時間によっても変わり、利用者の多い夕方以降はかなり遅くなったりもします。

そのため、回線業者の速度に関するPRはそこまで気にする必要はないと思います。
もちろん最大値が大きければ大きいほうがいいのですが、正直各社そこまで差はありません。

ただ注意が必要なのは、各地域で独自に展開している電力会社やケーブルテレビの回線です。
速度が著しく低下したり、切れたりといったトラブルをよく聞きます。

こういった会社の利用料金は、NTTの光に比べると若干安いです。
ただ、安定性や信頼度といった意味で考えると、その料金差は意味がないと思います。

それに、NTTの光回線の場合、使用歴によって割引が受けられるため、長い目で見るとNTTのほうが安いです。
特に仕事で使われる方などは、NTTやその他の光回線事業者のほうがおすすめです。

モバイルルーターは?
最近流行のモバイルルーターですが、速度は固定回線のほうが断然速いです。
一応、最大で600Mbpsとか700Mbpsとか書いてありますが、固定回線と同じで速度はかなり落ちます。

もちろんスマホの速度よりはかなり早いので、外で使う分にはかなり快適です。
ですが、自宅でも一緒にとなると、動画の視聴やダウンロードなど、かなり不満が出てきます。

自宅で快適に、そして複数の端末を使うという方は、固定回線がやっぱり便利です。


インターネットの工事時間はどれくらい?

インターネットの回線を契約すると必要になるのが、開通工事です。
電柱などから光ファイバーケーブルを宅内に引き込んで、専用の端末に接続し、回線業者によって開通の作業を行います。

あとは自分でLANケーブルで直接接続したり、Wifiルーターを別途用意することで、パソコンやテレビ、スマホやタブレットなどが利用できるようになります。


回線業者による工事は、よほど特殊な立地や建物ではない限り、長くても1時間程度で終わる作業です。
自分ですることと言えば、端末を設置する場所を前もって決めておき、作業がしやすいように片づけておく程度です。

多くの場合、宅内への引き込みはエアコンの穴を利用しますので、その周りは広めに片づけておいたほうが良いと思います。
脚立を使用することもあり、工事が始まってから片づけると大変ですので。

これに対し、マンションやアパートなどの場合、予め宅内の配線が済ませてある場合があります。
インターネット対応となっている場合ですね。

この場合は楽で、引き込み工事が必要ないため、時間も短いです。
端末を設置してもらう場合や、コンセントにあるLANケーブルに挿すだけという場合もあります。

このケースは月額料金もかなり安く、学生や単身者向けマンションに多いようです。

注意したいこと
開通工事に関して注意しておきたいことがあります。
それは、工事日についてです。

宅内への光ファイバーケーブルの引き込みなどは、回線業者の下請け業者が行うのですが、事前の予約が必要です。
これが結構込み合っていて、最短でも2週間後、運が悪ければ1か月後なんていうことも。

特に土日は予約が集中するため、土日に工事を希望する方は、早めの予約をおすすめします。
また、3月〜4月の引越しシーズンは特に込み合うため、引越しが分かっている方は、これも早めの予約をおすすめします。

あと、これは注意というより心構えといいますか、工事業者に対しては細かい対応は期待しないほうが無難です。

対応する業者によっても変わりますが、大抵地域の電気会社さんが工事に来ます。
そのため、お世辞にも愛想が良いとは言えず、リーダーの方以外は無言で宅内に上がり込んだり、室内を汚してもそのまま帰ったりと、気持ちの良いものではありません。

また、約束の時間に遅れても連絡してこなかったり、遅れてきても一言もなかったりします。

私も何度も腹立たしい思いをしましたが、そういうものと割り切り、前もって心構えをしておけばそこまで気にしなくて済みます。
ついつい頭にきてしまったという話もよく聞きますが、ある程度は我慢するしかないかと思います。

インターネットの申し込み



固定回線とモバイルルーターどちらがいい?

インターネットの申し込み

これからインターネット回線を契約しようという方、固定回線とモバイルルーターのどちらにするか、迷っていませんか?

「ほぼ家で使うんだけど、外でも利用できるのは便利そう」
モバイルルーターに対する認識ってこんな感じだと思います。

実際、家でも外でも好きな場所で使えるってかなり便利です。

例えば、スマホのアプリを普通の携帯の回線でダウンロードすると、かなりの時間がかかります。
これがモバイルルーターや固定回線の高速回線なら、ほんとあっという間です。

スマホ以外でも、出先でノートパソコンでネットに繋げたり、家以外の場所で高速回線が使えるという恩恵はかなり大きいです。

ただその反面、速度や安定性という面では、固定回線のほうがはるかに分があります。
実際、モバイルルーターを契約したけど、速度面で不満が出て固定回線に替えたという話を結構聞きます。

外でよく使うという方ならまだしも、そんなに使わない、スマホで十分という方は、固定回線が断然おすすめです。
家族で使うという方なら、それこそ固定回線でないと必ず不満が出ると思います。

モバイルルーターの落とし穴
外出先でも使えて便利なモバイルルーターですが、注意しておかなければならないことがあります。
それは、携帯電話と同じで契約年数しばりと、使用可能エリアです。

まず契約年数ですが、一般的なのが2〜3年間、中には短い会社もありますが、2〜3年が主流です。
当然ですが、契約期間内で解約すると、違約金が発生します。

この違約金が結構高額で、キャンペーン利用など、契約内容によっては数万円という場合もあります。
そのため途中で固定回線に乗り換える事が難しく、しっかりと考えて契約することをおすすめします。

次に利用エリアですが、都市部に比べ地方の場合、利用エリアがかなり制限されます。
また、エリア内であっても速度が著しく遅かったり、安定しない場合があります。

そのため、契約したはいいけど使い物にならないなんて事になりかねません。
モバイルルーターをお考えの方は、利用エリアをしっかりチェックし、自宅周辺はもちろん、使いそうだと思う場所のエリア確認をしっかり行ってください。


動画配信サービスが楽しい!

インターネットの申し込み

動画の配信サービスって利用したことありますか?
YouTubuもそうですが、無料ではなく、有料の動画配信サービスのほうです。

映画やドラマ、アニメなどの動画を、格安の利用料金で楽しめるため、年々利用者が増えています。
気になる料金は、月300円〜と本当に格安で、気軽に楽しめるのが特徴です。

私も現在使っていますが、話題の映画や見逃したドラマ、子供のアニメなどかなり楽しんでいます。
内容も本当に充実していて、そのコンテンツ数は数万〜と圧倒的な数です。

また、どこの動画配信サービスもそうなんですが、一定期間の無料お試しサービスがあります。
その間はもちろん見放題なので、どんなものかを確かめることが可能です。

気に入らなければ契約しなければいいですし、気に入れば毎月数百円程度の出費です。
ケーブルテレビやスカパーなどに毎月数千円払うなら、こちらが断然おすすめです。


auビデオパス


U-NEXT


Hulu

鯖江市でインターネットの料金が安いのは? 「各社の料金比較とおすすめ」

鯖江市でインターネットの申し込みをするなら、料金や内容をしっかり比較したほうがよいと思います。
建物の形状や契約内容によっても違いますし、回線速度や安定度など、各社でそれぞれに特徴があります。

 

実際に、鯖江市で利用可能なインターネット回線は様々あり、料金は各社でまったく違います。
中には、ケーブルテレビで提供しているネット回線もあり、鯖江市でも安いほうかと思います。

 

電力会社が提供しているネット回線も安い場合が多いですが、利用には注意が必要な場合もあります。
回線が安定しておらず、接続が切断されるトラブルをよく耳にします。

 

また、長い目で見ればNTTの光回線のほうが安くなるケースもあります。
特に仕事で使われる方には、やはりNTTの光が安定しておりおすすめです。

 

回線トラブルに対しての対応もスムーズですし、家庭用の端末機器も非常に安定していて、常に安定した速度を維持してくれます。

 

また、鯖江市以外でも利用したい場合、鯖江市以外のどこでも利用可能なポケットWiFiなどのサービスもおすすめです。
自宅だけではなく、出先でも使えるため最近利用者が多くなってきているネット回線サービスです。

 

引越しが多い方や、出張でネット回線をよく使う方には、自宅で利用する光回線などよりも便利で利用価値も高いかもしれません。

 

鯖江市でインターネット回線を選ぶなら、数社を比較してみてください。

 

 

 

 

一番影響があるインターネット導入のきっかけというのは普通は費用でしょう。何が何でも、低料金を何よりも優先に考えてもいいし、カスタマーサービスやフォローアップ体制で判断するのもいいと思います。うまくあなたの生活にピッタリなものをチョイスしてください。

フレッツ光なら動きが悪くなる容量が通常以上のWEBページとか、YouTubeなどに代表される有料・無料動画コンテンツが再生中にカクカクしないで視聴可能で、欲しい楽曲やゲームなども全然待たずに自分の端末にダウンロードが可能など、今までとは別世界のスピードをお楽しみいただけます。

インターネットに接続するとき絶対に必要なプロバイダーは、どれも同じようだけどきちんと確認すると大きな違いがあって迷います。目的によって最適なサービスのことを中心にして比較しておけば安心です。

これまでにインターネットで、大きなファイルのダウンロードに腹が立つほど待たされたとか、ネットで公開されている動画の大事なシーンに画面がとまってしまったという嫌な経験をしたことがあるなら、高速回線の光インターネットへさっそく乗り換えでお悩みはみんな解決するかも?!

あなたが結構古いルーターを買い替えることなくそのまま使っているのであれば、光インターネットに対応できる新型のルーターを購入していただいたら、猛烈に利用中の回線の速度が速いものになるかもしれません。


毎月のインターネット利用料金が高額すぎるなんていつも不満に思っている方は、すぐにでも利用中のプロバイダーを他に契約し直した方がいいんじゃないでしょうか。新旧の契約条項を調べなおしていただいたうえで、余計なインターネット料金をなんとか改善して快適で経済的なネットライフを手に入れましょう。

人気の「フレッツ光」の回線の接続速度はNTT東日本管轄のエリアで、下り最大速度200Mbps。NTT西日本管内のサービス提供地域では、下り最大(理論値)はさらに上行く1Gbpsという速度。必ず高速でなおかつ安定した速度で、インターネット接続が使えます。

大手回線業者のNTT東日本管轄では、新規に契約される場合に限り、フレッツ光の工事にかかる費用にあたる金額を、割引してくれる現金払い戻しの真っ最中です!そのうえ、申込から24か月間上乗せで利用料金を引き下げてくれる取扱いもスタートしているのです。

新規申し込みのキャンペーンとか支払のフリー期間の長短だけで長い付き合いになるプロバイダーを選んでいませんか?自分自身にとって別のところより経済的でピッタリ合っているプロバイダーがどれか選ぶために、長期の料金や提供されるサービス項目をじっくりと時間をかけて比較しなければいけません。

アナログ方式のADSLは利用する場所が悪ければ大きく通信スピードが低下するものなのです。それに比べて新登場のフレッツ光だと実際にお住まいの場所に関係なく、いつでも一定の速度でインターネットをストレスなく利用することができます。


たくさんあるインターネットプロバイダーの中の一部は、以前に行われた様々なアンケート会社による、何回にも及ぶ利用者満足度調査や肝心の機能の満足度調査において、非常に高い成績でその実力を認められたプロバイダーもありますよ。

多くのプロバイダーに対応しているauひかりの対応できるエリアだったら、日本中どこでも例外なくインターネット接続速度は、驚愕の1Gbps。今注目のauひかりなら、日本全国どこでも1Gbpsのハイスピードな環境が利用可能なんです。

ご承知のとおり月々のインターネットプロバイダー利用料金については、どのインターネットプロバイダーを選ぶかで別物なので、料金に重点を置くとか、サービス面に重点を置いたりといった要因があって、契約しているインターネットプロバイダーを変更して違う業者と契約するのは、わざわざ取り上げられるほどのことではないというわけです。

各社の新規加入キャンペーンや限定セールなどでは、このような結構高額な入会金や利用料金などのインターネットプロバイダー料金が、一定日数にわたってずっと完全無料!なんていう優待サービスもネットなどで見つけることができます。

インターネットプロバイダーの変更でポイントになったのが、ネット回線の通信速度及び利用の際の費用でした。さらにこれらの情報をまとめている比較サイトにあったインターネットプロバイダーの満足度ランキングを有効活用して、変更後のインターネットプロバイダーに決定しました。

 

光回線の魅力は、とにかくインターネットへの接続が速いうえ速度が一定であることによって、ネットでの利用のみならず光電話、あるいはTVに関しても拡張性が高く、必ずこの先は光の利用がきっと他の方法を駆逐してしまうでしょう。

新たに光回線のスタートを希望するなら、絶対に「回線事業者」に加えて「プロバイダー」の二つの業者との新規契約が重要なのです。業者の一つ、回線事業者とは、光ファイバーの回線そのものを実際に所有している会社(NTT、KDDIなど)のことです。

プロバイダーが異なれば特典やキャンペーンでキャッシュバックされる額や肝心の速度が本当に異なるのはご存知ですよね。現状に不満があって変更も考えたいという場合に、注目されているプロバイダーのサービスや料金などについて比較一覧表などで把握していただけるように提供しています。

人気の高いプロバイダーを筆頭にその提供内容と特色・魅力的なキャンペーン特典等に関して、インターネットの利用目的別で比較してご紹介しています。きっと賢く希望に近い後悔しないプロバイダーを探し出せると思います。

アナログ方式のADSLは接続する方の住所などによっては通信速度は下がります。でも、光ファイバーを利用するフレッツ光だったら利用する場所を選ばず、常に変わらない接続速度でインターネットを活用していただけます。


インターネット使用を申し込んだ際の料金を比較するためには、どのような方法によって比較したら失敗しないのでしょうか。外すわけにいかないのは、目先のことではなくトータル料金でそれぞれを比較するという方法だと思います。

たくさんあるインターネットプロバイダーごとで行っているサービスは、どうしても違いがない、または出せないということで、世の中の多くのインターネットプロバイダーが月々の費用での猛烈な値引き合戦を行って、お客様の確保を目指すしかないという事情があってこのような状況になっているのです。

住所が西日本地域の方のケースでは、まだ不確実な箇所が見受けられますが、もし東日本エリアにて利用するつもりなら、迷わずauひかりをチョイスしていただくほうが、フレッツ以上のネット環境をご利用いただけます。

フレッツ光だったら、以前から利用されているADSLよりもやはり高いプランになります。でも光のみの高速回線を使用しインターネット通信を行うシステムなので、端末までの距離に左右されずにPCが固まったり、動画がカクカクするようなことのないストレスを感じないスピーディーな接続が望めるのです。

光でネットに接続するということなので当然ですが、どういった機能がある回線を選ぶと自分にピッタリなのか、事前の詳しい比較が不可欠になってくるわけです。このサイトでは悩みの多い光回線選びについての要素をわかりやすく紹介中です。


料金がどうも納得できない思ってらっしゃる場合は、このチャンスにプロバイダーを乗り換えていただく方がいいと思います。利用に関する契約条件を無駄や不足が起きていないのか調べてみて、高いインターネット料金の大改革をやってコスト削減を実現させましょう。

現代の生活に欠かせないインターネットに端末を繋げるサービスを展開している業者をインターネットプロバイダーと呼び、ネットに接続希望の利用者は、各自がインターネットプロバイダーとの契約を申し込んで、インターネットに繋げるために必要な面倒な作業をやってもらうということです。

今までのADSLと、最近話題の光インターネットが全然違う点は、これまで主流だったADSLは元からある電話回線を利用しているのに対して、光ファイバーだと光通信専用の電線を導入して、その光の点滅によって今までとは違うハイスピード通信を行うということです。

インターネットプロバイダーを変更したのですが重要視したのは、接続する回線の通信クオリティ、それとプロバイダーに支払う金額。そして最終的にはこういった条件を加味した比較サイトのとてもわかりやすいインターネットプロバイダー表で調べてから、乗換先のインターネットプロバイダーに決めることになったのです。

新規プロバイダー加入キャンペーン等だと、このような結構高額なインターネットプロバイダーを利用する費用が、事前に設定された期間はすべて完全無料!なんていう特典つきのサービスも時々やっているようです。

 
TOPへ