インターネットの料金

インターネットの料金

インターネットの料金は、各社様々です。
安いところもあれば高いところもあり、どこにすればよいのか迷う方も多いのではないでしょうか?。

インターネットの会社を選ぶ際、色々と選択基準があるとは思いますが、皆さんやはり一番気になるのは料金です。
そこで、人気のインターネット回線の毎月の料金を、分かりやすく比較してみました。

これからインターネットの導入をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。
中には高額のキャッシュバックがもらえる会社もあるので、要チェックです。

人気のインターネット回線

auひかりの特徴
最大92,500円のキャッシュバックあり!

  • auスマホとのセット利用でauスマートバリュー割を受けられ、最大2千円の割引!
  • プロバイダ料込みなのでかなりお得に使えます(au one netの場合)。
  • 初期工事費の相当額を割引なので、実質工事費無料
価格
3,800円〜
評価
評価5
備考
一戸建ての場合は、5100円〜

ソネット光の特徴
最大50,000円のキャッシュバックあり!
※フレッツ光を現在利用されている場合、立会いの工事がいらないので簡単に乗り換えが可能です
  • 申込後、専用コールセンターにより、開通までをしっかりサポート!
  • 専門のスタッフが電話で丁寧に説明してくれるので、気軽に相談してみてください。
価格
3,480円〜
評価
評価5
備考
一戸建ての場合は4,580円〜

ソフトバンク光の特徴
おなじみソフトバンクの光回線です。

  • 最大38,000円のキャッシュバックあり!
  • フレッツ光を現在利用されている場合、立会いの工事がいらないので簡単に乗り換えが可能!
  • 料金自体も安く、初めての方にもおすすめです。
価格
2,800円〜
評価
評価5
備考
一戸建ての場合は4,200円〜


人気の高速モバイル回線

C Mobileの特徴
ドコモのXi(クロッシィ)電波を使える、格安モバイルルーターです。

  • ・完全定額で低料金
  • ・ドコモの電波だから繋がる
  • ・高額キャッシュバック最大20000円
価格
月額2800
評価
評価5
備考
端末は0円

BroadWiMAXの特徴
BroadWiMAXは、月額料金業界最安値です。

  • 下りの速度も最大40Mbpsなので、ストレスフリーでどこでもインターネットが楽しめます。
  • 自宅でも出先でも、スマホやタブレット、パソコンを快適に利用できます。
価格
月額2,999
評価
評価5
備考
端末は0円

ソフトバンクAirの特徴
  • 最大30,000円のキャッシュバックあり!
  • ソフトバンク系やワイモバイルとのセット利用で「おうち割」のセット割を受けられます。
  • 工事不要で置くだけですぐつながる、Wi-Fi搭載で使い放題の高速インターネットサービスです。
価格
月額3,800円
評価
評価5
備考
端末は0円

インターネットの速度について

インターネットの回線業者のホームページなどで、よく「最大1Gbps」などと書かれています。
あれって、よく分からないままに見ている方も多いと思います。

「まー早いんだろうし、早いに越したことはないよね?」
こんな感じの方がほとんどではないでしょうか?

結論から言うと、回線速度は速いに越したことはありません。
特に最近では、4Kなどの高画質の動画を見ることも多く、回線速度がある程度の速さでないとストレスなく見ることができません。

とはいえ、固定回線の場合、以前のような極端に遅い回線はなくなったので、そこまで気にする必要はないのかもしれません。
スマホの回線でさえ、ある程度スムーズに見れますからね。

それに、1Gbpsといっても実際にそんなに早くはありません。
あくまで最大値であり、実際の速度は10分の一程度の家も多々あります。

実際わが家もそうで、計測してみると最大で200Mbps程度しかありません。

この数値は調べる時間によっても変わり、利用者の多い夕方以降はかなり遅くなったりもします。

そのため、回線業者の速度に関するPRはそこまで気にする必要はないと思います。
もちろん最大値が大きければ大きいほうがいいのですが、正直各社そこまで差はありません。

ただ注意が必要なのは、各地域で独自に展開している電力会社やケーブルテレビの回線です。
速度が著しく低下したり、切れたりといったトラブルをよく聞きます。

こういった会社の利用料金は、NTTの光に比べると若干安いです。
ただ、安定性や信頼度といった意味で考えると、その料金差は意味がないと思います。

それに、NTTの光回線の場合、使用歴によって割引が受けられるため、長い目で見るとNTTのほうが安いです。
特に仕事で使われる方などは、NTTやその他の光回線事業者のほうがおすすめです。

モバイルルーターは?
最近流行のモバイルルーターですが、速度は固定回線のほうが断然速いです。
一応、最大で600Mbpsとか700Mbpsとか書いてありますが、固定回線と同じで速度はかなり落ちます。

もちろんスマホの速度よりはかなり早いので、外で使う分にはかなり快適です。
ですが、自宅でも一緒にとなると、動画の視聴やダウンロードなど、かなり不満が出てきます。

自宅で快適に、そして複数の端末を使うという方は、固定回線がやっぱり便利です。


インターネットの工事時間はどれくらい?

インターネットの回線を契約すると必要になるのが、開通工事です。
電柱などから光ファイバーケーブルを宅内に引き込んで、専用の端末に接続し、回線業者によって開通の作業を行います。

あとは自分でLANケーブルで直接接続したり、Wifiルーターを別途用意することで、パソコンやテレビ、スマホやタブレットなどが利用できるようになります。


回線業者による工事は、よほど特殊な立地や建物ではない限り、長くても1時間程度で終わる作業です。
自分ですることと言えば、端末を設置する場所を前もって決めておき、作業がしやすいように片づけておく程度です。

多くの場合、宅内への引き込みはエアコンの穴を利用しますので、その周りは広めに片づけておいたほうが良いと思います。
脚立を使用することもあり、工事が始まってから片づけると大変ですので。

これに対し、マンションやアパートなどの場合、予め宅内の配線が済ませてある場合があります。
インターネット対応となっている場合ですね。

この場合は楽で、引き込み工事が必要ないため、時間も短いです。
端末を設置してもらう場合や、コンセントにあるLANケーブルに挿すだけという場合もあります。

このケースは月額料金もかなり安く、学生や単身者向けマンションに多いようです。

注意したいこと
開通工事に関して注意しておきたいことがあります。
それは、工事日についてです。

宅内への光ファイバーケーブルの引き込みなどは、回線業者の下請け業者が行うのですが、事前の予約が必要です。
これが結構込み合っていて、最短でも2週間後、運が悪ければ1か月後なんていうことも。

特に土日は予約が集中するため、土日に工事を希望する方は、早めの予約をおすすめします。
また、3月〜4月の引越しシーズンは特に込み合うため、引越しが分かっている方は、これも早めの予約をおすすめします。

あと、これは注意というより心構えといいますか、工事業者に対しては細かい対応は期待しないほうが無難です。

対応する業者によっても変わりますが、大抵地域の電気会社さんが工事に来ます。
そのため、お世辞にも愛想が良いとは言えず、リーダーの方以外は無言で宅内に上がり込んだり、室内を汚してもそのまま帰ったりと、気持ちの良いものではありません。

また、約束の時間に遅れても連絡してこなかったり、遅れてきても一言もなかったりします。

私も何度も腹立たしい思いをしましたが、そういうものと割り切り、前もって心構えをしておけばそこまで気にしなくて済みます。
ついつい頭にきてしまったという話もよく聞きますが、ある程度は我慢するしかないかと思います。

インターネットの申し込み



固定回線とモバイルルーターどちらがいい?

インターネットの申し込み

これからインターネット回線を契約しようという方、固定回線とモバイルルーターのどちらにするか、迷っていませんか?

「ほぼ家で使うんだけど、外でも利用できるのは便利そう」
モバイルルーターに対する認識ってこんな感じだと思います。

実際、家でも外でも好きな場所で使えるってかなり便利です。

例えば、スマホのアプリを普通の携帯の回線でダウンロードすると、かなりの時間がかかります。
これがモバイルルーターや固定回線の高速回線なら、ほんとあっという間です。

スマホ以外でも、出先でノートパソコンでネットに繋げたり、家以外の場所で高速回線が使えるという恩恵はかなり大きいです。

ただその反面、速度や安定性という面では、固定回線のほうがはるかに分があります。
実際、モバイルルーターを契約したけど、速度面で不満が出て固定回線に替えたという話を結構聞きます。

外でよく使うという方ならまだしも、そんなに使わない、スマホで十分という方は、固定回線が断然おすすめです。
家族で使うという方なら、それこそ固定回線でないと必ず不満が出ると思います。

モバイルルーターの落とし穴
外出先でも使えて便利なモバイルルーターですが、注意しておかなければならないことがあります。
それは、携帯電話と同じで契約年数しばりと、使用可能エリアです。

まず契約年数ですが、一般的なのが2〜3年間、中には短い会社もありますが、2〜3年が主流です。
当然ですが、契約期間内で解約すると、違約金が発生します。

この違約金が結構高額で、キャンペーン利用など、契約内容によっては数万円という場合もあります。
そのため途中で固定回線に乗り換える事が難しく、しっかりと考えて契約することをおすすめします。

次に利用エリアですが、都市部に比べ地方の場合、利用エリアがかなり制限されます。
また、エリア内であっても速度が著しく遅かったり、安定しない場合があります。

そのため、契約したはいいけど使い物にならないなんて事になりかねません。
モバイルルーターをお考えの方は、利用エリアをしっかりチェックし、自宅周辺はもちろん、使いそうだと思う場所のエリア確認をしっかり行ってください。


動画配信サービスが楽しい!

インターネットの申し込み

動画の配信サービスって利用したことありますか?
YouTubuもそうですが、無料ではなく、有料の動画配信サービスのほうです。

映画やドラマ、アニメなどの動画を、格安の利用料金で楽しめるため、年々利用者が増えています。
気になる料金は、月300円〜と本当に格安で、気軽に楽しめるのが特徴です。

私も現在使っていますが、話題の映画や見逃したドラマ、子供のアニメなどかなり楽しんでいます。
内容も本当に充実していて、そのコンテンツ数は数万〜と圧倒的な数です。

また、どこの動画配信サービスもそうなんですが、一定期間の無料お試しサービスがあります。
その間はもちろん見放題なので、どんなものかを確かめることが可能です。

気に入らなければ契約しなければいいですし、気に入れば毎月数百円程度の出費です。
ケーブルテレビやスカパーなどに毎月数千円払うなら、こちらが断然おすすめです。


auビデオパス


U-NEXT


Hulu

小城市でインターネットの料金が安いのは? 「各社の料金比較とおすすめ」

小城市でインターネットの申し込みをするなら、料金や内容をしっかり比較したほうがよいと思います。
建物の形状や契約内容によっても違いますし、回線速度や安定度など、各社でそれぞれに特徴があります。

 

実際に、小城市で利用可能なインターネット回線は様々あり、料金は各社でまったく違います。
中には、ケーブルテレビで提供しているネット回線もあり、小城市でも安いほうかと思います。

 

電力会社が提供しているネット回線も安い場合が多いですが、利用には注意が必要な場合もあります。
回線が安定しておらず、接続が切断されるトラブルをよく耳にします。

 

また、長い目で見ればNTTの光回線のほうが安くなるケースもあります。
特に仕事で使われる方には、やはりNTTの光が安定しておりおすすめです。

 

回線トラブルに対しての対応もスムーズですし、家庭用の端末機器も非常に安定していて、常に安定した速度を維持してくれます。

 

また、小城市以外でも利用したい場合、小城市以外のどこでも利用可能なポケットWiFiなどのサービスもおすすめです。
自宅だけではなく、出先でも使えるため最近利用者が多くなってきているネット回線サービスです。

 

引越しが多い方や、出張でネット回線をよく使う方には、自宅で利用する光回線などよりも便利で利用価値も高いかもしれません。

 

小城市でインターネット回線を選ぶなら、数社を比較してみてください。

 

 

 

 

つまり回線とはフレッツ光などで使用する「光ファイバー」であるとか、昔なら「電話線」などのことであり、現在の住まいのパソコンとインターネットの利用が出来る環境を接続する役割の道しるべのようなものと思っていただくといいでしょう。

CMでもおなじみの「auひかり」は、特徴として、他社のインターネット回線よりずっと回線速度が高速で、プランによっては月々の利用料金もけっこう有利になるのをご存知でしょうか。高額な返金保証とたくさんの副賞がプレゼントとされる、うれしいサービスも開催中!

次世代型の光ネクストとはシェア1位のNTTがサービスしている、利用者とプロバイダーとを超ハイスピードのうえに安定している光回線を利用して繋げるというサービスの名称です。最大1Gbps(1Gbpsは約1000Mbps)に達する高速での接続スピードが提供されるようになったのです。

ネット接続のためのプロバイダーを他の所に取り替えたい、新たにネットをスタートしたいのだけれども…というのであれば、決して失敗しないための参考にしていただくためにプロバイダーそれぞれの比較サイトがあるのをご存知ですか?

NTTの光ネクストの詳しい内容として、いわゆるベストエフォート(個別には品質保証がない)型を採用している光回線を利用した超高速通信で、これまでにない画期的なテレビ電話としてのサービス、各種のセキュリティ機能やサービスが標準で付属されており、どなたにもおススメです。


変更前のネット料金に固定電話の利用料金を合わせた合計額を、どっちも光回線にまとめたケースでの必要なネット料金と電話の料金の合算で比較すると、たぶんちょっとだけの差になると思います。一度は詳細に比較してみると賢明ですね。

誰でもご存知フレッツ光は、東西のNTTによって行われている、データ通信能力に優れた光ファイバーを使用するインターネットへの接続サービスです。桁違いの容量の光ファイバー回線を、住宅などの中まで引き込んで、高速かつ安定したインターネット環境を利用していただくことができます。

何年か前から多くの端末によって、いろんなスタイルでインターネットを楽しんだいただくことが可能なのです。特にスマートフォン・タブレットなども普及し、インターネットプロバイダーの多くがそんな新登場の機器に対応できるように変化しているのです。

インターネットをスタートしようと考えたときに、新規加入するインターネットプロバイダーを選択して、安心している。そんなことはありませんよね?生活に合わせてインターネットプロバイダーを変更するということは、きっとあなたの想像以上のとっても大きな「メリット」を感じていただくことができるようになると思います。

何年間も連続で新たな利用者数を増やし続け、平成24年6月現在で、ご利用件数が244万件を超えるほどにまでなりました。これによりauひかりが我が国における光回線業界の占有率において、トップに次ぐ堂々2位の大きなシェアになりました。


確かにインターネットプロバイダーへ支払う料金は、それぞれインターネットプロバイダー毎に全然違うから、価格面について再確認したり、サービスを再確認したりなどの何らかのわけがあって、古いインターネットプロバイダーを違うところに移転するのは、普通のことであって、とりわけ珍しい話ではない。

折り込みやDMでも見かける販売代理店が、その店舗だけのものとしてやっているお得なキャッシュバックキャンペーンは知ってますよね?高速回線で注目のauひかりを今後利用契約を申し込む。そんなときには忘れずに店舗単独のうれしいキャッシュバックキャンペーンが適用されるときに賢く利用しないとかなりもったいないことになりますよ。

話題の新技術が駆使されているNTTの「フレッツ光ネクスト」というのは、既存の光回線しかできない様々なサービスに加えて、次世代ネットワークの特徴を生かした優れた機能性や安定感、そして不可欠なスピード感を併せ持っている多くの種類があるフレッツ光の、とっても新規の非常に優れたインターネット接続サービスなのです。

それぞれのプロバイダーがやっている新規加入キャンペーン等が開催されている場合では、これらのインターネットプロバイダーへ支払う費用が、事前に設定された期間はずっと支払不要!なんていう優待サービスもまあまあ見つけることができます。

「光にしたいけれども、何から始めてどうすればうまくいくのかちっとも理解できていない」とか、「設置工事してもらうことに不安が残る」なんて悩んでいる、あるいは「同じ光でもauひかりと他社の光のどちらが有利なのかわからない!」といった方であるなど、それぞれなのではないでしょうか。

 

西日本地域に住んでいる場合は、決めかねる箇所が見受けられますが、逆に東日本エリアにて使う予定ならば、NTTのフレッツ光よりもauひかりをセレクトすべきだと思いますし、そのほうがインターネットをサクサクと利用可能になるのです。

各地域ローカルのケーブルテレビ放送会社のいくつかは、初めから放送で利用していた光ファイバーによる専用の回線を保有していたことから、放送だけでなく併せて地域独自の魅力的なインターネットサービスの提供にも力を入れているところも珍しくないのです。

大きなデータを、ハイスピード通信で送受信できますから、光回線ならハイスピードならではのインターネット接続サービスだけでなく、新たな多くの機能及び通信サービスを空想のものから現実のものにすることが叶うようになったのです。

個々のプロバイダーを比較する場合には、掲示板や投稿のみが見ておくべきすべてのものではないのです。ですから投稿などによる不確かな、場合によっては悪意のある評価とか情報のみを妄信しない、ということが不可欠になるわけです。

インターネットの利用で、大きなファイルのダウンロードにイライラするほど待たされたり、ネットで閲覧できる動画の視聴をしている途中に再生がカクカクとなったなんていうツラい経験をしたことがあるなら速度に不満を感じない光インターネットに切り替えることでお悩みはみんな解決するかも?!


旧式ともいえるADSLと、人気の光インターネットの決定的な違いは、以前からのADSLは元からある電話回線を利用しているのに対して、光ファイバーについては専用に開発された特殊なケーブルを使って、特殊な光の点滅に頼ってハイスピード通信が可能になったというわけです。

今でも光インターネットの利用料は、ずいぶんと高い通信方法だといった先入観を持っていますか?そんなイメージというのはちょっと前のイメージが頭の中にあるだけです。特に利用料金の高い一戸建て以外にお住まいの方の場合、光インターネットというのはかなりお得になりますよ!

光回線は、今までのADSLなどアナログ回線を利用したときのように、電気ケーブルの内部を電気信号が情報を携えて通過する方式ではなく、光が内側を通っています。当然光なのでものすごい速さだし、通信を邪魔して品質低下させる電気的な雑音の作用も受けることがないのです。

注目のフレッツ光ネクストとは、東と西の両方のNTTが開発・提供している数種類のフレッツ光回線において、最新の大容量のデータ転送が可能で品質の高い技能で構成された非常に優れた光高速ブロードバンドサービスなのです。

とにかくインターネットプロバイダーとの契約が完了したら、ステップを進めるとネット開始です。つまり電話番号があるように、利用するあなたの端末(パソコンやタブレットなど)にも世界に一つだけの認識数字が割り当てられるシステムです。


ソフト面で比較すると、利用者の多いフレッツ光になると対応サービスが目白押しで、対応しているプロバイダーの選択肢も多岐に及んでいて、ADSLの低価格とKDDIのauひかりの最大スピードに負けているところを、どう考えるのかという点が重要です。

インターネットに繋げるために、インターネットプロバイダーを選んで、何もしていないなんてひどい状況になっていることはないでしょうか?実をいうといい機会にインターネットプロバイダーをチェンジするというのは、きっとあなたの想像以上の「メリット」と「満足感」が現実になります。

住所のエリアが西日本の場合だと、申込をまだNTTのフレッツ光にするのかCMでよく見るauひかりのどちらにするかで困っているかも。でもご覧いただいた料金を把握してから比較をきちんとすれば、きっと後悔するようなことはなくなるのではないでしょうか。

フレッツ光プレミアム(新規申し込みは終了)というのは、先にあったBフレッツと現在の光ネクストの間に、NTT西日本管轄のエリア内限定で一時期提供されていたインターネット接続サービスです。その後利用状況も変化しNTT東日本での申し込みと同じで、高速接続の「光ネクスト」の方が申込が多いのです。

わかりやすく言うと、「利用者の皆さんにネット上の場所を準備してあげる」そして「インターネットの回線と使用者が持っている端末を快適に繋ぐ」こういった重要な役目を持つのがおなじみのインターネットプロバイダーということなのです。

 
TOPへ