インターネットの料金

インターネットの料金

インターネットの料金は、各社様々です。
安いところもあれば高いところもあり、どこにすればよいのか迷う方も多いのではないでしょうか?。

インターネットの会社を選ぶ際、色々と選択基準があるとは思いますが、皆さんやはり一番気になるのは料金です。
そこで、人気のインターネット回線の毎月の料金を、分かりやすく比較してみました。

これからインターネットの導入をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。
中には高額のキャッシュバックがもらえる会社もあるので、要チェックです。

人気のインターネット回線

auひかりの特徴
最大92,500円のキャッシュバックあり!

  • auスマホとのセット利用でauスマートバリュー割を受けられ、最大2千円の割引!
  • プロバイダ料込みなのでかなりお得に使えます(au one netの場合)。
  • 初期工事費の相当額を割引なので、実質工事費無料
価格
3,800円〜
評価
評価5
備考
一戸建ての場合は、5100円〜

ソネット光の特徴
最大50,000円のキャッシュバックあり!
※フレッツ光を現在利用されている場合、立会いの工事がいらないので簡単に乗り換えが可能です
  • 申込後、専用コールセンターにより、開通までをしっかりサポート!
  • 専門のスタッフが電話で丁寧に説明してくれるので、気軽に相談してみてください。
価格
3,480円〜
評価
評価5
備考
一戸建ての場合は4,580円〜

ソフトバンク光の特徴
おなじみソフトバンクの光回線です。

  • 最大38,000円のキャッシュバックあり!
  • フレッツ光を現在利用されている場合、立会いの工事がいらないので簡単に乗り換えが可能!
  • 料金自体も安く、初めての方にもおすすめです。
価格
2,800円〜
評価
評価5
備考
一戸建ての場合は4,200円〜


人気の高速モバイル回線

C Mobileの特徴
ドコモのXi(クロッシィ)電波を使える、格安モバイルルーターです。

  • ・完全定額で低料金
  • ・ドコモの電波だから繋がる
  • ・高額キャッシュバック最大20000円
価格
月額2800
評価
評価5
備考
端末は0円

BroadWiMAXの特徴
BroadWiMAXは、月額料金業界最安値です。

  • 下りの速度も最大40Mbpsなので、ストレスフリーでどこでもインターネットが楽しめます。
  • 自宅でも出先でも、スマホやタブレット、パソコンを快適に利用できます。
価格
月額2,999
評価
評価5
備考
端末は0円

ソフトバンクAirの特徴
  • 最大30,000円のキャッシュバックあり!
  • ソフトバンク系やワイモバイルとのセット利用で「おうち割」のセット割を受けられます。
  • 工事不要で置くだけですぐつながる、Wi-Fi搭載で使い放題の高速インターネットサービスです。
価格
月額3,800円
評価
評価5
備考
端末は0円

インターネットの速度について

インターネットの回線業者のホームページなどで、よく「最大1Gbps」などと書かれています。
あれって、よく分からないままに見ている方も多いと思います。

「まー早いんだろうし、早いに越したことはないよね?」
こんな感じの方がほとんどではないでしょうか?

結論から言うと、回線速度は速いに越したことはありません。
特に最近では、4Kなどの高画質の動画を見ることも多く、回線速度がある程度の速さでないとストレスなく見ることができません。

とはいえ、固定回線の場合、以前のような極端に遅い回線はなくなったので、そこまで気にする必要はないのかもしれません。
スマホの回線でさえ、ある程度スムーズに見れますからね。

それに、1Gbpsといっても実際にそんなに早くはありません。
あくまで最大値であり、実際の速度は10分の一程度の家も多々あります。

実際わが家もそうで、計測してみると最大で200Mbps程度しかありません。

この数値は調べる時間によっても変わり、利用者の多い夕方以降はかなり遅くなったりもします。

そのため、回線業者の速度に関するPRはそこまで気にする必要はないと思います。
もちろん最大値が大きければ大きいほうがいいのですが、正直各社そこまで差はありません。

ただ注意が必要なのは、各地域で独自に展開している電力会社やケーブルテレビの回線です。
速度が著しく低下したり、切れたりといったトラブルをよく聞きます。

こういった会社の利用料金は、NTTの光に比べると若干安いです。
ただ、安定性や信頼度といった意味で考えると、その料金差は意味がないと思います。

それに、NTTの光回線の場合、使用歴によって割引が受けられるため、長い目で見るとNTTのほうが安いです。
特に仕事で使われる方などは、NTTやその他の光回線事業者のほうがおすすめです。

モバイルルーターは?
最近流行のモバイルルーターですが、速度は固定回線のほうが断然速いです。
一応、最大で600Mbpsとか700Mbpsとか書いてありますが、固定回線と同じで速度はかなり落ちます。

もちろんスマホの速度よりはかなり早いので、外で使う分にはかなり快適です。
ですが、自宅でも一緒にとなると、動画の視聴やダウンロードなど、かなり不満が出てきます。

自宅で快適に、そして複数の端末を使うという方は、固定回線がやっぱり便利です。


インターネットの工事時間はどれくらい?

インターネットの回線を契約すると必要になるのが、開通工事です。
電柱などから光ファイバーケーブルを宅内に引き込んで、専用の端末に接続し、回線業者によって開通の作業を行います。

あとは自分でLANケーブルで直接接続したり、Wifiルーターを別途用意することで、パソコンやテレビ、スマホやタブレットなどが利用できるようになります。


回線業者による工事は、よほど特殊な立地や建物ではない限り、長くても1時間程度で終わる作業です。
自分ですることと言えば、端末を設置する場所を前もって決めておき、作業がしやすいように片づけておく程度です。

多くの場合、宅内への引き込みはエアコンの穴を利用しますので、その周りは広めに片づけておいたほうが良いと思います。
脚立を使用することもあり、工事が始まってから片づけると大変ですので。

これに対し、マンションやアパートなどの場合、予め宅内の配線が済ませてある場合があります。
インターネット対応となっている場合ですね。

この場合は楽で、引き込み工事が必要ないため、時間も短いです。
端末を設置してもらう場合や、コンセントにあるLANケーブルに挿すだけという場合もあります。

このケースは月額料金もかなり安く、学生や単身者向けマンションに多いようです。

注意したいこと
開通工事に関して注意しておきたいことがあります。
それは、工事日についてです。

宅内への光ファイバーケーブルの引き込みなどは、回線業者の下請け業者が行うのですが、事前の予約が必要です。
これが結構込み合っていて、最短でも2週間後、運が悪ければ1か月後なんていうことも。

特に土日は予約が集中するため、土日に工事を希望する方は、早めの予約をおすすめします。
また、3月〜4月の引越しシーズンは特に込み合うため、引越しが分かっている方は、これも早めの予約をおすすめします。

あと、これは注意というより心構えといいますか、工事業者に対しては細かい対応は期待しないほうが無難です。

対応する業者によっても変わりますが、大抵地域の電気会社さんが工事に来ます。
そのため、お世辞にも愛想が良いとは言えず、リーダーの方以外は無言で宅内に上がり込んだり、室内を汚してもそのまま帰ったりと、気持ちの良いものではありません。

また、約束の時間に遅れても連絡してこなかったり、遅れてきても一言もなかったりします。

私も何度も腹立たしい思いをしましたが、そういうものと割り切り、前もって心構えをしておけばそこまで気にしなくて済みます。
ついつい頭にきてしまったという話もよく聞きますが、ある程度は我慢するしかないかと思います。

インターネットの申し込み



固定回線とモバイルルーターどちらがいい?

インターネットの申し込み

これからインターネット回線を契約しようという方、固定回線とモバイルルーターのどちらにするか、迷っていませんか?

「ほぼ家で使うんだけど、外でも利用できるのは便利そう」
モバイルルーターに対する認識ってこんな感じだと思います。

実際、家でも外でも好きな場所で使えるってかなり便利です。

例えば、スマホのアプリを普通の携帯の回線でダウンロードすると、かなりの時間がかかります。
これがモバイルルーターや固定回線の高速回線なら、ほんとあっという間です。

スマホ以外でも、出先でノートパソコンでネットに繋げたり、家以外の場所で高速回線が使えるという恩恵はかなり大きいです。

ただその反面、速度や安定性という面では、固定回線のほうがはるかに分があります。
実際、モバイルルーターを契約したけど、速度面で不満が出て固定回線に替えたという話を結構聞きます。

外でよく使うという方ならまだしも、そんなに使わない、スマホで十分という方は、固定回線が断然おすすめです。
家族で使うという方なら、それこそ固定回線でないと必ず不満が出ると思います。

モバイルルーターの落とし穴
外出先でも使えて便利なモバイルルーターですが、注意しておかなければならないことがあります。
それは、携帯電話と同じで契約年数しばりと、使用可能エリアです。

まず契約年数ですが、一般的なのが2〜3年間、中には短い会社もありますが、2〜3年が主流です。
当然ですが、契約期間内で解約すると、違約金が発生します。

この違約金が結構高額で、キャンペーン利用など、契約内容によっては数万円という場合もあります。
そのため途中で固定回線に乗り換える事が難しく、しっかりと考えて契約することをおすすめします。

次に利用エリアですが、都市部に比べ地方の場合、利用エリアがかなり制限されます。
また、エリア内であっても速度が著しく遅かったり、安定しない場合があります。

そのため、契約したはいいけど使い物にならないなんて事になりかねません。
モバイルルーターをお考えの方は、利用エリアをしっかりチェックし、自宅周辺はもちろん、使いそうだと思う場所のエリア確認をしっかり行ってください。


動画配信サービスが楽しい!

インターネットの申し込み

動画の配信サービスって利用したことありますか?
YouTubuもそうですが、無料ではなく、有料の動画配信サービスのほうです。

映画やドラマ、アニメなどの動画を、格安の利用料金で楽しめるため、年々利用者が増えています。
気になる料金は、月300円〜と本当に格安で、気軽に楽しめるのが特徴です。

私も現在使っていますが、話題の映画や見逃したドラマ、子供のアニメなどかなり楽しんでいます。
内容も本当に充実していて、そのコンテンツ数は数万〜と圧倒的な数です。

また、どこの動画配信サービスもそうなんですが、一定期間の無料お試しサービスがあります。
その間はもちろん見放題なので、どんなものかを確かめることが可能です。

気に入らなければ契約しなければいいですし、気に入れば毎月数百円程度の出費です。
ケーブルテレビやスカパーなどに毎月数千円払うなら、こちらが断然おすすめです。


auビデオパス


U-NEXT


Hulu

多久市でインターネットの料金が安いのは? 「各社の料金比較とおすすめ」

多久市でインターネットの申し込みをするなら、料金や内容をしっかり比較したほうがよいと思います。
建物の形状や契約内容によっても違いますし、回線速度や安定度など、各社でそれぞれに特徴があります。

 

実際に、多久市で利用可能なインターネット回線は様々あり、料金は各社でまったく違います。
中には、ケーブルテレビで提供しているネット回線もあり、多久市でも安いほうかと思います。

 

電力会社が提供しているネット回線も安い場合が多いですが、利用には注意が必要な場合もあります。
回線が安定しておらず、接続が切断されるトラブルをよく耳にします。

 

また、長い目で見ればNTTの光回線のほうが安くなるケースもあります。
特に仕事で使われる方には、やはりNTTの光が安定しておりおすすめです。

 

回線トラブルに対しての対応もスムーズですし、家庭用の端末機器も非常に安定していて、常に安定した速度を維持してくれます。

 

また、多久市以外でも利用したい場合、多久市以外のどこでも利用可能なポケットWiFiなどのサービスもおすすめです。
自宅だけではなく、出先でも使えるため最近利用者が多くなってきているネット回線サービスです。

 

引越しが多い方や、出張でネット回線をよく使う方には、自宅で利用する光回線などよりも便利で利用価値も高いかもしれません。

 

多久市でインターネット回線を選ぶなら、数社を比較してみてください。

 

 

 

 

今回のインターネットプロバイダーの変更にあたり重きを置いたのは、インターネット接続時の通信速度、それとプロバイダーに支払う金額。そのためこれら気になる項目がたっぷりの比較サイトのとてもわかりやすいインターネットプロバイダー表で調べてから、乗換先のインターネットプロバイダーを選択することになりました。

人気上昇中のプロバイダーばかりを探して受けることができるサービスと強み・得するキャンペーン情報等を、様々な重点用途別によって比較してご紹介しています。必ず費用面でも納得の賢い目的通りの間違いのないプロバイダーを見つけ出せると考えます。

以前からあるADSLだと利用するエリアやNTTからの距離で相当インターネット通信の品質が下がります。ところが、光による通信のフレッツ光の場合だとお住まいの地域にかかわらず、いつでも一定の接続速度でインターネットを楽しんでいただくことができます。

あなたが光回線を始める場合は、絶対に「回線事業者」、「プロバイダー」という二社に対しての契約がないと利用できません。業者の一つ、回線事業者とは、光ファイバーでできた回線を実際に所有している会社のことだと覚えておいてください。

プロバイダーごとで特典やキャンペーンでキャッシュバックされる額や接続の速度がけっこう異なるのはご存知ですよね。プロバイダーを乗り換えたい!そんなとき、ぜひ検討していただきたいプロバイダーを比較した一覧表で検証していただけるので安心です。


ご存知ですか?NTT東日本管内では、新規に契約される場合に限り、フレッツ光を導入するための設定費用に該当する金額を、値引きしてくれる特典を実施しています。同時に、24か月間追加で値引きなども開催中なので見逃せません!

今使っているインターネットプロバイダーを変更していただくと、特別にインターネットプロバイダー費用の値引きなどのサービスが受けられるときが結構あるのです。どの会社も顧客の奪い合いをやっています。このためこのようなすごいサービスをしてくれるわけです。

ネットを利用する際の費用を詳細に比較することになったら、全てのプロバイダーの正しい月額費用を最初に比較・検証することが重要です。それぞれのプロバイダーごとの利用料金は、月に数百円規模〜数千円規模になるようです。

話題の光回線でネットに繋ぐということから、たくさんある中からどの回線を使うべきなのか、それぞれの比較が最優先の課題になるわけです。そのため、コチラではなかなか決まらない光回線選びのときの重要な要素を説明しています。

多くの人に支持されている光インターネットというのは、単純に回線スピードが相当速いということの他に、安定している点においても素晴らしい能力があるので、もしインターネットを利用中に電話がかかってきたとしても通信が不通になったり、通信スピードが落ちるといったイライラさせられる状況も発生しないのです。


人気の「フレッツ光」のインターネットへの接続回線の速さはNTT東日本のサービス提供地域では、下り最大速度200Mbps。NTT西日本のサービス地域内でのご利用であれば、下り最高スピード1Gbpsと強烈です!24時間高速で快適な速度で、インターネットのある環境が使えるというわけです。

光回線を使う場合、アナログ回線であるADSLなどみたいに、昔ながらの電線の内側を指示された通りに電気信号が通らずに、光が光ファイバーの内側を飛び交うようになっています。光なので非常にハイスピードであり、家電などのノイズの干渉もほとんどありません。

住所が西日本の場合に関しては、決めかねるところがあるのですが、それでも少なくとも東日本エリアに住居があれば、auひかりのほうを選んだケースのほうが、ストレスを感じることなくインターネットを使えることになります。

この頃は様々な種類のインターネット接続できる端末を用いて、どこでもインターネットを使っていただけます。特にスマートフォン・タブレットなどが台頭して、それぞれのインターネットプロバイダーも新登場の端末の性能が発揮できるように大きく変化しています。

インターネットの回線使用料などを比較したいときは、何に気を付けて比較を実施すれば正解なんでしょうか。まず最初にやるべきものとしては、業者に払うべき合算金額で比較検討する方法なのです。

 

インターネットプロバイダーは我が国に1000社ほどございます。1000社もあるプロバイダーですから全てを比較とか検討をする必要はもちろんありません。そのようなケースでは、名の通ったプロバイダーだけ比較した中から確定するのも悪くはありません。

提供できる建物という想定では、人気抜群のフレッツ光の場合、実際に使えるようになるまでには、概算で半月〜1ヵ月以内で作業期間は十分。待望の光回線による高速インターネットを自宅でご使用いただくことが可能です。

日本中どこでお願いしても、「フレッツ光」の内容はひとつ残らず一緒なので代理店が実施している払い戻しキャンペーンなどのサービスについて最もすごいお店で手続きをしていただくほうが、俄然有利だと言えますよね。

フレッツの一つ、光ネクストのことについてご説明します。この光ネクストは、いわゆるベストエフォート(個別には品質保証がない)型を採用している光の高速機能で、QoSを設けることによって上質の安定した通信のテレビ電話サービス、堅牢な防犯機能とかサービスなどが標準(無料)で付保されているという充実ぶりです。

大容量データだって、どこへでも凄い速さで送受信できます。ですから新開発の光回線ならインターネットへの接続が高速なだけじゃなくて、いろんな種類の通信に関するサービスを具体化することが実現できるようになりました。


最近大人気のauひかりは、いろいろある光回線の取扱いのある取り扱い企業の中でも、広大な利用可能な地域や、あるいは提供サービスといった点で、実力ナンバーワンのNTTのフレッツ光との競争に負けない優れた機能とか魅力的なサービスを展開している一番の注目株です。

西日本エリアの場合だと、申込を現段階でNTTのフレッツか話題になっているauひかりのいずれにしようか悩んでいるという人もいるでしょう。でもコチラの料金を把握してからシミュレーションも交えて比較してみると、どちらが適切なのか判断できるはずではないでしょうか。

インターネットで光回線を始める場合は、まず最初に「回線事業者」、「プロバイダー」という二社に対しての契約がなければいけません。契約が必要な業者の一つ、回線事業者というのは、通信に使う光ファイバーの回線を保有している電話会社や電機会社を母体に持つ会社のことです。

今でも光インターネットの利用料は、便利だけれど料金が高すぎるなんて思いを持ち続けていませんか?それはきっと少し前のイメージがなんとなく念頭に放置されている状態です。住宅のスタイルで開きがあって、現在集合住宅に現在住んでいらっしゃるなら、光インターネットを利用するというのは欠かせません。

ソフト面でいえば、NTTが提供するフレッツ光の場合は利用できるサービスが多く、選ぶことができるプロバイダーについてもいくつもあるわけですが、ADSLを申し込んだ場合の安い利用料金とauひかりの最高速度については負けているところを、どのように整理するのかがポイントではないでしょうか。


わかりやすく言えばプロバイダーっていうのは、ユーザーの端末にインターネット接続のいわばパイプとなっているネット関連業者のことなんです。敷設されている光回線やADSLなどの通信回線を利用して、オンラインで繋いで利用してもらえるための不可欠なサービスを提供できるよう努力しています。

簡単に言えば回線とはフレッツ光などで利用する「光ファイバー」や、ADSLなら「電話線」などのことです。利用者の住まいにあるパソコンとインターネットの利用が可能な環境を結びつける、例えるとパイプみたいなものだと考えるといいです。

実はインターネットプロバイダーを他にチェンジすると、インターネットプロバイダー費用の免除や値下げなどのサービスが提示される場合だって多いのです。どの会社であっても顧客の奪い合いをやっている関係で、こんな特別なサービスをつけることが可能なんですね。

あなたが利用しているインターネット利用に必要な費用は毎月いくらで、使用回線や契約プロバイダーのどういった利点のある追加契約を申し込み中なのか把握していますか?これが不明瞭という状況なら、毎月支払っている料金が理解不足で余計に支払っているなんてことも十分にあるので、確認しておくことをおススメします。

ネットを利用するために支払う費用は、プロバイダーの回線スピードの差でだいぶ差が出ます。日本国内でNo1に広まっている知名度抜群のADSLの場合でも、毎月1000円弱〜5000円前後といった幅の広い料金設定です。

 
TOPへ