インターネットの料金

インターネットの料金

インターネットの料金は、各社様々です。
安いところもあれば高いところもあり、どこにすればよいのか迷う方も多いのではないでしょうか?。

インターネットの会社を選ぶ際、色々と選択基準があるとは思いますが、皆さんやはり一番気になるのは料金です。
そこで、人気のインターネット回線の毎月の料金を、分かりやすく比較してみました。

これからインターネットの導入をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。
中には高額のキャッシュバックがもらえる会社もあるので、要チェックです。

人気のインターネット回線

auひかりの特徴
最大92,500円のキャッシュバックあり!

  • auスマホとのセット利用でauスマートバリュー割を受けられ、最大2千円の割引!
  • プロバイダ料込みなのでかなりお得に使えます(au one netの場合)。
  • 初期工事費の相当額を割引なので、実質工事費無料
価格
3,800円〜
評価
評価5
備考
一戸建ての場合は、5100円〜

ソネット光の特徴
最大50,000円のキャッシュバックあり!
※フレッツ光を現在利用されている場合、立会いの工事がいらないので簡単に乗り換えが可能です
  • 申込後、専用コールセンターにより、開通までをしっかりサポート!
  • 専門のスタッフが電話で丁寧に説明してくれるので、気軽に相談してみてください。
価格
3,480円〜
評価
評価5
備考
一戸建ての場合は4,580円〜

ソフトバンク光の特徴
おなじみソフトバンクの光回線です。

  • 最大38,000円のキャッシュバックあり!
  • フレッツ光を現在利用されている場合、立会いの工事がいらないので簡単に乗り換えが可能!
  • 料金自体も安く、初めての方にもおすすめです。
価格
2,800円〜
評価
評価5
備考
一戸建ての場合は4,200円〜


人気の高速モバイル回線

C Mobileの特徴
ドコモのXi(クロッシィ)電波を使える、格安モバイルルーターです。

  • ・完全定額で低料金
  • ・ドコモの電波だから繋がる
  • ・高額キャッシュバック最大20000円
価格
月額2800
評価
評価5
備考
端末は0円

BroadWiMAXの特徴
BroadWiMAXは、月額料金業界最安値です。

  • 下りの速度も最大40Mbpsなので、ストレスフリーでどこでもインターネットが楽しめます。
  • 自宅でも出先でも、スマホやタブレット、パソコンを快適に利用できます。
価格
月額2,999
評価
評価5
備考
端末は0円

ソフトバンクAirの特徴
  • 最大30,000円のキャッシュバックあり!
  • ソフトバンク系やワイモバイルとのセット利用で「おうち割」のセット割を受けられます。
  • 工事不要で置くだけですぐつながる、Wi-Fi搭載で使い放題の高速インターネットサービスです。
価格
月額3,800円
評価
評価5
備考
端末は0円

インターネットの速度について

インターネットの回線業者のホームページなどで、よく「最大1Gbps」などと書かれています。
あれって、よく分からないままに見ている方も多いと思います。

「まー早いんだろうし、早いに越したことはないよね?」
こんな感じの方がほとんどではないでしょうか?

結論から言うと、回線速度は速いに越したことはありません。
特に最近では、4Kなどの高画質の動画を見ることも多く、回線速度がある程度の速さでないとストレスなく見ることができません。

とはいえ、固定回線の場合、以前のような極端に遅い回線はなくなったので、そこまで気にする必要はないのかもしれません。
スマホの回線でさえ、ある程度スムーズに見れますからね。

それに、1Gbpsといっても実際にそんなに早くはありません。
あくまで最大値であり、実際の速度は10分の一程度の家も多々あります。

実際わが家もそうで、計測してみると最大で200Mbps程度しかありません。

この数値は調べる時間によっても変わり、利用者の多い夕方以降はかなり遅くなったりもします。

そのため、回線業者の速度に関するPRはそこまで気にする必要はないと思います。
もちろん最大値が大きければ大きいほうがいいのですが、正直各社そこまで差はありません。

ただ注意が必要なのは、各地域で独自に展開している電力会社やケーブルテレビの回線です。
速度が著しく低下したり、切れたりといったトラブルをよく聞きます。

こういった会社の利用料金は、NTTの光に比べると若干安いです。
ただ、安定性や信頼度といった意味で考えると、その料金差は意味がないと思います。

それに、NTTの光回線の場合、使用歴によって割引が受けられるため、長い目で見るとNTTのほうが安いです。
特に仕事で使われる方などは、NTTやその他の光回線事業者のほうがおすすめです。

モバイルルーターは?
最近流行のモバイルルーターですが、速度は固定回線のほうが断然速いです。
一応、最大で600Mbpsとか700Mbpsとか書いてありますが、固定回線と同じで速度はかなり落ちます。

もちろんスマホの速度よりはかなり早いので、外で使う分にはかなり快適です。
ですが、自宅でも一緒にとなると、動画の視聴やダウンロードなど、かなり不満が出てきます。

自宅で快適に、そして複数の端末を使うという方は、固定回線がやっぱり便利です。


インターネットの工事時間はどれくらい?

インターネットの回線を契約すると必要になるのが、開通工事です。
電柱などから光ファイバーケーブルを宅内に引き込んで、専用の端末に接続し、回線業者によって開通の作業を行います。

あとは自分でLANケーブルで直接接続したり、Wifiルーターを別途用意することで、パソコンやテレビ、スマホやタブレットなどが利用できるようになります。


回線業者による工事は、よほど特殊な立地や建物ではない限り、長くても1時間程度で終わる作業です。
自分ですることと言えば、端末を設置する場所を前もって決めておき、作業がしやすいように片づけておく程度です。

多くの場合、宅内への引き込みはエアコンの穴を利用しますので、その周りは広めに片づけておいたほうが良いと思います。
脚立を使用することもあり、工事が始まってから片づけると大変ですので。

これに対し、マンションやアパートなどの場合、予め宅内の配線が済ませてある場合があります。
インターネット対応となっている場合ですね。

この場合は楽で、引き込み工事が必要ないため、時間も短いです。
端末を設置してもらう場合や、コンセントにあるLANケーブルに挿すだけという場合もあります。

このケースは月額料金もかなり安く、学生や単身者向けマンションに多いようです。

注意したいこと
開通工事に関して注意しておきたいことがあります。
それは、工事日についてです。

宅内への光ファイバーケーブルの引き込みなどは、回線業者の下請け業者が行うのですが、事前の予約が必要です。
これが結構込み合っていて、最短でも2週間後、運が悪ければ1か月後なんていうことも。

特に土日は予約が集中するため、土日に工事を希望する方は、早めの予約をおすすめします。
また、3月〜4月の引越しシーズンは特に込み合うため、引越しが分かっている方は、これも早めの予約をおすすめします。

あと、これは注意というより心構えといいますか、工事業者に対しては細かい対応は期待しないほうが無難です。

対応する業者によっても変わりますが、大抵地域の電気会社さんが工事に来ます。
そのため、お世辞にも愛想が良いとは言えず、リーダーの方以外は無言で宅内に上がり込んだり、室内を汚してもそのまま帰ったりと、気持ちの良いものではありません。

また、約束の時間に遅れても連絡してこなかったり、遅れてきても一言もなかったりします。

私も何度も腹立たしい思いをしましたが、そういうものと割り切り、前もって心構えをしておけばそこまで気にしなくて済みます。
ついつい頭にきてしまったという話もよく聞きますが、ある程度は我慢するしかないかと思います。

インターネットの申し込み



固定回線とモバイルルーターどちらがいい?

インターネットの申し込み

これからインターネット回線を契約しようという方、固定回線とモバイルルーターのどちらにするか、迷っていませんか?

「ほぼ家で使うんだけど、外でも利用できるのは便利そう」
モバイルルーターに対する認識ってこんな感じだと思います。

実際、家でも外でも好きな場所で使えるってかなり便利です。

例えば、スマホのアプリを普通の携帯の回線でダウンロードすると、かなりの時間がかかります。
これがモバイルルーターや固定回線の高速回線なら、ほんとあっという間です。

スマホ以外でも、出先でノートパソコンでネットに繋げたり、家以外の場所で高速回線が使えるという恩恵はかなり大きいです。

ただその反面、速度や安定性という面では、固定回線のほうがはるかに分があります。
実際、モバイルルーターを契約したけど、速度面で不満が出て固定回線に替えたという話を結構聞きます。

外でよく使うという方ならまだしも、そんなに使わない、スマホで十分という方は、固定回線が断然おすすめです。
家族で使うという方なら、それこそ固定回線でないと必ず不満が出ると思います。

モバイルルーターの落とし穴
外出先でも使えて便利なモバイルルーターですが、注意しておかなければならないことがあります。
それは、携帯電話と同じで契約年数しばりと、使用可能エリアです。

まず契約年数ですが、一般的なのが2〜3年間、中には短い会社もありますが、2〜3年が主流です。
当然ですが、契約期間内で解約すると、違約金が発生します。

この違約金が結構高額で、キャンペーン利用など、契約内容によっては数万円という場合もあります。
そのため途中で固定回線に乗り換える事が難しく、しっかりと考えて契約することをおすすめします。

次に利用エリアですが、都市部に比べ地方の場合、利用エリアがかなり制限されます。
また、エリア内であっても速度が著しく遅かったり、安定しない場合があります。

そのため、契約したはいいけど使い物にならないなんて事になりかねません。
モバイルルーターをお考えの方は、利用エリアをしっかりチェックし、自宅周辺はもちろん、使いそうだと思う場所のエリア確認をしっかり行ってください。


動画配信サービスが楽しい!

インターネットの申し込み

動画の配信サービスって利用したことありますか?
YouTubuもそうですが、無料ではなく、有料の動画配信サービスのほうです。

映画やドラマ、アニメなどの動画を、格安の利用料金で楽しめるため、年々利用者が増えています。
気になる料金は、月300円〜と本当に格安で、気軽に楽しめるのが特徴です。

私も現在使っていますが、話題の映画や見逃したドラマ、子供のアニメなどかなり楽しんでいます。
内容も本当に充実していて、そのコンテンツ数は数万〜と圧倒的な数です。

また、どこの動画配信サービスもそうなんですが、一定期間の無料お試しサービスがあります。
その間はもちろん見放題なので、どんなものかを確かめることが可能です。

気に入らなければ契約しなければいいですし、気に入れば毎月数百円程度の出費です。
ケーブルテレビやスカパーなどに毎月数千円払うなら、こちらが断然おすすめです。


auビデオパス


U-NEXT


Hulu

鳥栖市でインターネットの料金が安いのは? 「各社の料金比較とおすすめ」

鳥栖市でインターネットの申し込みをするなら、料金や内容をしっかり比較したほうがよいと思います。
建物の形状や契約内容によっても違いますし、回線速度や安定度など、各社でそれぞれに特徴があります。

 

実際に、鳥栖市で利用可能なインターネット回線は様々あり、料金は各社でまったく違います。
中には、ケーブルテレビで提供しているネット回線もあり、鳥栖市でも安いほうかと思います。

 

電力会社が提供しているネット回線も安い場合が多いですが、利用には注意が必要な場合もあります。
回線が安定しておらず、接続が切断されるトラブルをよく耳にします。

 

また、長い目で見ればNTTの光回線のほうが安くなるケースもあります。
特に仕事で使われる方には、やはりNTTの光が安定しておりおすすめです。

 

回線トラブルに対しての対応もスムーズですし、家庭用の端末機器も非常に安定していて、常に安定した速度を維持してくれます。

 

また、鳥栖市以外でも利用したい場合、鳥栖市以外のどこでも利用可能なポケットWiFiなどのサービスもおすすめです。
自宅だけではなく、出先でも使えるため最近利用者が多くなってきているネット回線サービスです。

 

引越しが多い方や、出張でネット回線をよく使う方には、自宅で利用する光回線などよりも便利で利用価値も高いかもしれません。

 

鳥栖市でインターネット回線を選ぶなら、数社を比較してみてください。

 

 

 

 

それぞれのプロバイダーがやっている新規加入キャンペーン等だと、必要な月々のインターネットプロバイダー利用料金が、事前に設定された期間はすべて完全無料!なんていうお得な優待サービスもたまに見かけることがあります。

あまり聞いたことがないフレッツ光プレミアムというのは、先行していたBフレッツと新しいフレッツ光ネクストの合間に、NTT西日本管内の地域だけで使われていた商品のことです。ところが最近はすでにもう一方のNTT東日本の地域と変わらず、後発の「光ネクスト」の方が利用者が多いのです。

インターネットプロバイダー独自で提供している機能及びサービスの内容だけでは、どうしてもすぐに納得できるような相違が認められないので、一部を除いて大部分のインターネットプロバイダーが価格面での熾烈な値引き合戦で、新規申し込みによる利用者を獲得しなければやっていけないという厳しい状況なのです。

新技術満載の「フレッツ光ネクスト」というのは、今日までの光回線が持っているメリットはもちろんのこと、次世代ネットワークにしかできない機能性とか安全性、欠かせないスピード感を実現した高機能な様々なタイプがあるフレッツ光の、最も新規の期待のサービスになるはずです。

光インターネットについては、いろいろな会社で申し込みが可能なので、一番いいのはどこなのか迷うことが多いと思います。何を最も優先しておかなければならないのかとなると、何をおいても毎月プロバイダー会社に支払う利用料金です。


結局回線っていうのはフレッツ光で使われている「光ファイバー」であるとか、過去には「電話線」のことで、ユーザーの住まいの中のパソコンとインターネットの出来る環境を繋いでいる、例えるなら継ぎ手と思っていただくと間違いではありません。

インターネットプロバイダーのどこかに申し込んで、ステップを進めるとネットに接続が可能です。つまり電話番号と同じなんですが、ネットに接続するパソコンなどの端末にだって重複のないそれぞれの判別用ナンバーが割り振られています。

インターネット新規導入にあたって最も注目するところっていうのはなんといっても費用ですよね。できる限り、費用を抑えることができるかを見極めたいという希望もアリ、カスタマーサービスやフォローアップ体制で決めるのもいいでしょう。熟考して生活にピッタリなものを選択しましょう。

西日本エリアの場合だと、申込を現段階でNTTのフレッツか特典の多いauひかりかでずいぶん迷っていることも想定できますが、コチラの両方の料金設定で丁寧に比較すれば、有利なほうを選択することが可能になると思っています。

今NTT東日本管内では、フレッツを初めて契約申込みする人に、フレッツ光を導入するための設定費用に支払う金額を、割引してくれる現金払い戻しを実施しています。そのうえなんと、開始から2年間プラスのキャッシュバックキャンペーンもやっています!


「早く光に乗り換えたいが、何から始めてどうすればうまくいくのかまるで見当つかない」とか、「初めの初期工事が少し心配」という方もいれば、「auひかりの光にするのかそれ以外の光のどちらが有利なのかわからない!」というケースなど、三者三様でしょう。

インターネットプロバイダーをチェンジしたときにポイントになったのが、接続する回線の通信クオリティと利用料金の比較でした。一番最後はこれら気になる項目がたっぷりの比較サイトにあったインターネットプロバイダーの満足度ランキングを参考資料にして、インターネットプロバイダーを選出しました。

みんな知っているけれど、入会金や利用料金などのインターネットプロバイダー料金っていうのは、どのインターネットプロバイダーを選ぶかで異なります。だから料金を見直したり、サービスを再確認したりなどのユーザーの希望があって、古いインターネットプロバイダーから他のプロバイダーに乗換えるのは、普通のことであって、とりわけ珍しい話ではない。

短期でなく長期間の利用での合算費用の正確な数字・比較ができるだけでなく、ユーザーの区域でナンバーワンのプロバイダーであるとか総合な判断でピッタリなプロバイダー情報を探すことができる比較サイトも存在しますから活用してください。

2008年に発表された光ネクストとはシェア1位のNTTがサービスしている、加入者のパソコンとプロバイダーとを超高速で安定した整備された光回線を使用して快適に接続させるというサービスのひとつです。最大1Gbps(理論値)に達する超高速の接続スピードがあなたのもになるのです。

 

何年も前にネットを開通してもらった際に、どのインターネットプロバイダーにするかを選定して、それ以降何も考えていない…そんなことはないでしょうか?タイミングよくインターネットプロバイダーの乗換をするのは、意外と「メリット」「満足」「便利」が現実になります。

注意しなくてはいけないのは、ネット料金は「契約時の価格がどのくらい安いか」ということだけいつもよく注目を集めているわけですが、実際には一回だけじゃなくて何年間も利用することになるので、必要な料金については包括的に考えて検討すべきです。

増え続けているインターネットプロバイダーは我が国に1000社ほどございます。そのプロバイダーを完璧に比較・検討しておくことは現実的に不可能です。困った場合は、大手プロバイダーだけを比較して候補の中から決定するのもおそらく失敗はありません。

通信費として処理されている金額の大部分は、プロバイダーに支払っている費用です。月々の支払料金や返してもらう額や使用料金が免除される期間のことを納得できるまで比較してから、実際の回線速度が上がり、毎月の利用料金は反対に下がることになるプロバイダーへ切り替えることがおススメです。

特徴のあるプロバイダーごとのわかりやすい料金比較表を見られるようにしてくれているサイトも結構あると聞きますから、そんなネットを利用したサービスを使っていただくことによって、ちゃんと比較検討するのがきっと大きな失敗はしません。


最も普及しているフレッツ光は、通信大手のNTTによってサービスされている光のブロードバンド回線によるインターネット接続事業です。実に多くの代理店がそろってキャンペーンと呼んで、高額な特典などをプレゼントして、今後のお客様を取得しようと躍起になっているのです。

現住所が西日本エリアの場合に関しては、明確になっていないところがあるのは間違いありませんが、それでも少なくとも東日本エリアに住居があれば、迷わずauひかりをセレクトすべきだと思いますし、そのほうがさらに速度が速い回線で気持ち良く使っていただけます。

「回線」っていうのはフレッツ光用の「光ファイバー」であるとか、過去には「電話線」を意味しており、現在の家の中にある端末とインターネットを利用していただくことが可能な環境を繋ぐ役割がある、言わば継ぎ手と思っていただくといいでしょう。

最近大人気のauひかりは、ライバルの多い光回線業者の中でも、展開しているエリアの範囲とか、受けられるサービスのクオリティの高さといった項目で、ナンバーワンのNTTのフレッツ光にも対抗しうる高い機能をアピールしています。

利便性に目を向けると、シェアトップを誇るフレッツ光であれば対応可能なサービスがたくさんあって、対応しているプロバイダーの選択肢もいくらでもありますが、ADSLの低料金と同じ光のauひかりの最大スピードについては負けているところを、ユーザー自身がどう咀嚼するのかが重要です。


インターネットプロバイダーを乗り換えた際に基準にしたのが、回線の通信スピードと金額でした。さらに気になる情報を完全に掲載しているとても見やすいインターネットプロバイダー一覧を見て、インターネットプロバイダーを選ぶことができたのです。

いろいろな販売代理店が、お店単独に行なっているお得なキャッシュバックキャンペーンって実はすごいんです。auひかりを新規に申し込む際には、絶対にこのオリジナルのキャッシュバックをぜひ賢く利用しないと損しちゃいますよ!

単純に説明すれば、「利用者の皆さんにネット上のいわばスペースを確保させていただく」とか「インターネットとプロバイダーのユーザーのデバイスを繋ぐ」ことをやってくれるのがインターネットプロバイダーということなのです。

あなたが利用中のネット料金は一体何円で、使用回線業者や利用しているプロバイダーのどんな利点のあるオプションに加入しているか知っていますか?もしよくわからないというケースなら、月々支払っている料金が必要以上に高額な支払いになっている場合もあるわけなので、確認が必要です。

ひとくくりに光インターネットといっても、現在はすでにとんでもない数の業者に依頼できるので、どの会社を選べばいいのか判断しかねます。どのようなポイントを忘れないように注目しておくべきなのかとなると、間違いなく毎月プロバイダー会社に支払う料金の金額ではないでしょうか。

 
TOPへ